哲学とは対話である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくはいま、英語の勉強をしています。

英語を話せるようになって、話す人間の幅をグッと広げたいからです。
なぜいろんな人と話したいかと言うと、旅人と話すのが好きだからです。

なぜ好きなのか?

ここについては答えは出ていません。好きなものは好き、ということでしょうか。

哲学者のソクラテスは「対話」をすることで真理を追求していたと言われています。
ぼくは考えることが好きなので、話すことでなにかを探求してるのかも。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
無敵のソクラテス

という本も、対話形式で書かれています。
何かを探求するということは、対話をすることなのかもしれません。

ぼくのいう対話は単に、人と人が言葉を交わすだけでなく、
個と個が問答を繰り返すことを指します。

あーだめだ眠くなってきたいまいいところなのに。

哲学とは対話をすることである。

うーん、考えるのって楽しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA