Home / 持ちもの / ボールペン選びに迷ったら「無印良品 ゲルインキボールペン0.38mm」がおすすめ。

ボールペン選びに迷ったら「無印良品 ゲルインキボールペン0.38mm」がおすすめ。

Pocket
LINEで送る

「ボールペンを使ったことがない」なんて人はいないはず。筆者はライターという仕事柄、アイディアのメモや記事の構造を書き出したりする際にボールペンをよく使います。

すると、メモ書きの心地よさを追求するようになっていきました。今回は、メモ書きに使っている「無印良品 ゲルインキボールペン0.38mm」を紹介します。

「ボールペンの紹介なんて」と思うかもしれませんがどうぞお付き合いくださいませ。

無印良品 ゲルインキボールペン0.38mmとは

無印良品 ゲルインキボールペン0.38mmとは
株式会社良品計画が製造・販売しているボールペンで、全長が約140mm、軸径は約10mm、ボールの直径が0.38mmのものです(参考元:MUJI 無印良品)。

なぜ、無印良品 ゲルインキボールペン0.38mmを使うのか

ここからは筆者の思う、無印良品 ゲルインキボールペン0.38mmの良いところを紹介していきます。

 

驚きの安さ

ペン1本のお値段が80円(税込)と、とにかく安いんです。ボールペン選びに迷っているあなたには「とりあえず無印」という選択肢をおすすめします。

驚きの書き心地

驚くべきは、値段に対しての書き心地です。かるーく書くことができて、かつ、かすれ(書いている途中で文字が途切れてしまう)もほとんど起きません。というか筆者が書いてきた中で多分かすれたことありません。

ボールペンを完全に使い切ったのはこのペンが初めてです。いままでは飽きて変えちゃったり、書き心地が悪くて使わなくなったり、インク漏れを起こしたり(移動が多く)して使わなくなっていました。

そんな感じだった筆者がもう、3本くらい消費しています。未だに飽きませんし、しばらくはコイツでいこうと決めています。

太さ0.38mmという点もすごく重要で、0.5mmは太すぎ、0.3mmは細すぎるんです。0.4mmでも良いのですが、0.38mmの方がなんとなくしっくりきています。

驚きのシンプルさ

最後の1点は「シンプルさ」です。無印良品 ゲルインキボールペン0.38mmは、書くこと・持ち運ぶこと(クリップ)以外の、一切の機能がありません。

磨りガラスのような見た目にマットな質感。汗ばんだ時にグリップが効かないのがやや難点ですが、持った感じもグッドです。

チャラチャラしていないところが大好きです。食品で例えると、お豆腐でしょうか。全然関係ありませんが、筆者はお豆腐が大好きです。

もしかしたら、それも相まってのこの愛着感かもしれません。飽きるまではずーっと使い続けるでしょう。

迷ったあなたに、とりあえずムジルシ。

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

【断捨離のススメ】チャンスを掴みたければ身軽になるべし。

どーも、えーたです。 最近(い …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA