Home / 放浪紀 / 【宮古島の電源&Wi-fi完備のカフェ】ダグズコーヒーはノマド天国だった

【宮古島の電源&Wi-fi完備のカフェ】ダグズコーヒーはノマド天国だった

Pocket
LINEで送る

ノマドワーカーであるぼくは、常に電源&Wifiのあるカフェを探し求めさまよっています。
この記事を読んでいるあなたも、きっとそうですよね。

宮古島でサクッと作業の出来るカフェはないものかと。

ありましたよ。

 

ダグズコーヒーの場所

ダグズコーヒーは、ダグズバーガーのとなりにあります。
Googleで「ダグズバーガー」で検索をすると簡単に見つけられます。

市街地からは車で10分ほど。自転車でもいけますが、夏場はかなり暑いです。

 

コーヒー豆を味で選べる

ダグズコーヒーでは、コクー軽さ × 苦味ー酸味のレベル別に5種類のコーヒー豆を選ぶことができます。なんとおかわりは200円(あれ、100円だったかな…?)。

とにかく、美味しいコーヒーのおかわりがお買い得なのはありがたい。

※更新情報(2017年8月)
コーヒーのおかわりは100円でできます(親切な読者の方から教えていただきました)!

 


※写真はベトナムコーヒーです。

 

電源&Wifi完備

ノマドワーカーには必須の電源&Wi-fi。
どうぞ使ってくださいという位置に取り付けられており、ほぼすべての席で使えます。

心理的ハードルすらも取り除いてくれています。

 

Wi-fi速度はご覧の通り。
宮古島では10軒近くのカフェを回りましたが、2017年7月現在ではここが最速でした。

 

柔らかな椅子

ノマドワーカー的に外せない評価ポイントである椅子。
カウンター席の椅子は、いくら座っても疲れないくらいの柔らかさです。

おかげさまでずーっと座っていたくなります。
カウンターとの高さのバランスもちょうどよかったです。

 

ほどよい人混みとほどよいボリュームのBGM

作業をする際に地味に大切なポイントである人混み。これも絶妙なのです。
例えば混雑してガヤガヤしていているお店は、いるだけでくたびれてしまいます。

かといってガラガラでシーンとしたお店は変な緊張感が漂います。
BGMの大きいお店も、聴覚神経がくたびれます。

だからぼくは適度な混み具合、
ささやく程度のボリュームのBGMの流れるお店が好みです。

これ多くのノマドワーカーにあてはまると思うんですよねぇ。

 

まとめ:ダグズコーヒーはノマド天国

おいしい(そしていろいろ選べる)、かつおかわりが安くなるコーヒー、柔らかな椅子、ほどよい人混み。ダグズコーヒーはノマド天国でした。

宮古島滞在時(2017年7月)は週に1〜2回くらいのペースで通っていました。
接客も丁寧で、あとかわいい店員さんがいるのも高ポイント。

ノマドな方も、そうでない方もいちど足を運んでみては。

 

おまけコラム

ダグズコーヒーには宮古島産のお土産もありました。
沖縄の離島で作られた塩を使ったおかき、牛の革でつくられたカバン。カバンには「命への感謝」が込められているそうです。
おとなりのダグズバーガーはパティに牛のお肉を使っていて、大切な命を余すところなく大切に使うという精神からカバンのデザインもするようになったとか。

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

大学を出て、就職できずに放浪生活をした3年間を振り返ってみた。

みなさんこんにちは。えーたです …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA