Home / 考えたこと / 【速報】事情により選挙権が無くなったので、ぼくの考えを書いてみました。

【速報】事情により選挙権が無くなったので、ぼくの考えを書いてみました。

Pocket
LINEで送る

どーも、えーたです。

本日は解散総選挙の投票日でしたね。

引っ越しの関係で行けませんでしたが。

 

 

ぼくはひと月くらい前に引っ越しました。選挙権って実は、引っ越し先に3ヶ月以上住まないともらえないんですよ。

 

 

だから参加できずという。

 

 

 

どこに投票するのかなんて考えようとしたら、「あ、おれ全然調べてない、知ろうとしてない」ということが分かってきて、ちょこっと調べました。

 

 

 

主要政党マニフェストとか読みましたが、全然ぱっとしませんでした。なんかこう政治って身近に感じられなくて。

 

 

そこで「政治の役割」を調べることにしました。

 

 

2000年と結構ふるいものですが、これは結構わかりやすかったです。

 

これによると政治の役割は主に3つ。

 

 

 

国民を飢えさせないこと

 

これは単純に、食っていけるようにすること。自給率を上げるとかそんなこと。

 

 

 

国民の安全を守る

 

国防というやつですかね。外の攻撃は自衛隊が。内側からの攻撃は法律が取り締る。

 

 

 

 

国民にしっかりとした教育をする

 

この「しっかり」ってのはかなーりふわっとしてますね。個人的には「自分の頭で考える」ことかなー。

 

 

この3つとマニフェストを照らし合わせてみてーなんてやろうとしましたが、やめました。なんか、正解っぽいのを当てにいっている気がして。

 

 

この3つと自分の関心分野で重なる部分はないかと探ってみました。

 

あとこの動画(ホリエモンと橋本市長の対談)も参考にしました。メディアの質が政治の質を規定するっていう考えにはなるほどと思いました。あとホリエモンが言う「雰囲気づくり」っていうのはとても的を得ていると思いました。

 

「世の中こんなもんだ」という風潮を作り出すのが政治の役割なのかとも感じました。

 

 

 

 

 

ぼくは食に関しては、「わりと誰でも作れるよ、自生してたりするよ」っていう雰囲気になってほしいと思っています。

 

作物を作るのは特殊能力ではなくて、わりと誰でもできますよと。そして作れればとりあえずは死なないよと。だから大丈夫だよという雰囲気が世の中に広まったらいいなと思っています。

 

政治でなんかできるとしたら、教育制度とかですかね。中学校出たあたりで1年間作物を育てる勉強をさせるとか。

 

 

 

 

仕事

 

仕事に関しては「なんで兼業してんのかって?いやいやフツーでしょ」みたいな雰囲気が広まればいいと思っています。というかこれはいずれそうなると思います。

 

「専業はナンセンス」とまでは言いませんが、兼業するのも全然ありで、むしろ推奨するくらいの人間がたくさんいる社会であってほしいです。

 

まぁここに関しては政治ではなく、個人レベル、チームレベル、法人レベルで動きが活発になっていくでしょう。現にen factoryという会社は「専業禁止」を謳っています。生きる力を身につけるには、パラレルワーク(副業)をするのもアリだという考えです。

 

 

 

 

教育

 

教育に関しては「みんな違ってみんないい」といった風潮が広まればいいかなと思っています。個人的には「みんないい」の「いい」はもっと違う表現を模索中です。

 

良い悪いの価値判断は大して重要じゃなくて、違いを受容していくことがとっても大切だと考えています。受容というか諦めというか、「まぁ、みんなそれぞれ違うもんだよね」くらいのゆるさがあってもいいんじゃないのというスタンスです。

 

「こうでなければならない」という厳格な態度にはアンチです。矛盾してますけどね。まぁそういう人がいるのはいいんですが、価値観を押し付けるのは良くないんじゃないのという。

 

こーいう矛盾をまるで鬼の首を取ったかのように指摘してくる人っていますよね。あれはなんなんでしょう。

 

さて、少なくとも僕が受けた学校教育は「みんな違ってみんないい」ではありませんでした。「ああなったらアカン」みたいな感じでしたかね、どちらかというと。

 

あとは「詰め込み型」の授業を受けまくっていたので「自分で考える」力を養う仕組みはなかったかのように思います。

 

 

いまは学校の存在意義すらも問われる時代ですね。ぼくに子供ができたら、僕と同じ学校教育は受けさせたくないなーと思っています。

 

ぼくと奥さんで教えるか、誰かにお願いするか。まぁ学校教育がいい感じに変わっていれば学校に行くのもいいか。

 

 

 

以上、こんな具合です。

 

 

いま現在、政治が身近に感じるのは消費税と社会保障(フリーは厳しい!)くらいです。

 

ではでは。

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

果たして君は、いじめられる側を選択できるだろうか?

いじめることは悪いこと、 &n …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA