Home / 考えたこと / 「考えるブログ」というのを考えてみた。

「考えるブログ」というのを考えてみた。

Pocket
LINEで送る

どーも、えーたです。

先日、ふと、考えることがお金にならないかなーと考えていたのですが、このブログを思いっきり「考える」を軸にしてみたらどうなるんだろうと考えてみました。この時点で「考える」という単語が4回登場していますね笑。

 

考えることがお金になることの理想型は、今日は5時間考えたから、口座に5万円入ってる。といったような状態wこれはもはや手品みたいな領域で、どうやればいいのかちょっとよくわかりません。でもこれができたら最高です。

 

それに近いのがブログなんじゃないかなーと思ったり。ぼくの考えをブログにかくだけではなく、読んだ人がアレコレ考えるようになったり、ブログ自身も思考をするようなブログ。いや自分で言っていて意味分かってないのですが、そんなブログにできたら面白いやん?という。

 

上記についてアレコレ考えたことをまとめると以下の通りです。

 

 

考えていることを書く

自分が考えていることを書くというのがとってもシンプルですね。考えるって、何について考えるんだろうか。今の自分が考えていること、昨日の自分が考えていたこと、明日の自分が考えていそうなこと、でも考えてみたら面白そうですね。

 

とにかくテキトーな題材をもってきて、いろんな自分を登場させて思考させる。いや、考えるのは他でもない自分自身なんですが。自分といっても、ライターとしての自分がいたり、障害者としての自分がいたり、旅人としての自分がいたりもする。いろんな自分がいて、いろんな思考回路をもっている。

 

ひとつの題材をたくさんの思考回路(アルゴリズム)に放り投げてみて、なにが出力されるのかを観察するという。

 

めっちゃ面白そう。めっちゃ面白そう。読んでいる人が楽しいかどうかはわかんないけど。これやっていったら、自分の持っている思考回路が言語化ひいては視覚化できそうだ。脳内にあるものをとりだして入れ替えたりくっつけたりできる。

 

プログラミングみたいだ。「考える」というメインルーチンがあって、「ライタールーチン」「障害者ルーチン」「旅人ルーチン」みたいなサブルーチンがあるんじゃなかろうか。

 

これはとっても面白そうだ。

 

 

読んだ人が考えるようになる

ぼくの思考プロセスやノウハウを公開していけば、それをおもしろがった人が真似してアレコレ考えるかもしれない。友達・友達の友達(SNS経由とか)・検索経由など、それぞれの経路で考えるブログに訪れて、何かしらを考えるようになって帰っていく。

 

ぼく自身はわりと変人あつかいされるけど、考えることの楽しさを知って欲しいし、考える人が増えたらもっと各々の考えが磨き上げられると思うんだよね。「ブログ読んだよ」と言って、その題材について話し合う機会が生まれたこともあるし、ブログにウンコメ(詳しくはコチラ→【プロブロガーの仲間入り?】知らない方から批判コメントいただきました!!!)をいただいたこともあるし、遠く離れたところに居るどこかの誰かがアレコレ考えるようになったらそれはもうすごいですよね。

 

ぼく自身が考えていることを発信して、受信した人がアレコレ考えて、友達なり誰かと議論して、それが拡散していく。という風に考えていくとブログというメディアはすげー武器になるんじゃあないでしょうか。題材に関しては、ぼくの関心のある分野に偏るでしょう。

 

障害・旅・暮らし方、あたりでしょうか。

 

 

ブログ自身が考える

これはちょっと自分でもよくわからないのですが、ブログ自身が思考したら面白いなぁと思っています。ブログに自分の考えを書いて、それが記録に残る。それはぼくの考えで、脳細胞みたいな、記事単体で思考回路というか、他の記事と結びつきうる要素を持っているわけです。

 

例えばカテゴリ分けをしたとして、カテゴリ内の記事どうしが絡み合って新しい考えを創発していたり。はたまたカテゴリどうしが絡み合って新しい何かを生み出していたり。もっとざっくりと見るとアーカイブどうしが結びつくなんてことも考えられます。

 

6月の自分と7月の自分が組み合わさって新しいアイデアが出ているぞ! みたいな。それが何かしらのかたちになって、価値を伴っていればお金になるかもしれません。考えることでお金を稼ぐというのは、不可能ではないかもしれない。このブログ自身をかなりの高精度でつくりあげたら可能だろうな。日ごとにコンテンツは貯まっていくし、貯まるだけ貯まったら出版することだってできる。

 

ただし面白がる人がいて、お金を払ってでも読んでくれる人がいたらのおはなし(笑)
アクセスが莫大であれば広告収入も期待できるが、変人扱いされてる時点でニッチなのは明白。でも考えるブログっていう編集方針はとっても楽しそうだ。

 

 

まとめ

考えるブログ、楽しそう!

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

果たして君は、いじめられる側を選択できるだろうか?

いじめることは悪いこと、 &n …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA