好奇心に従うことは気持ちいいし仕事と平行も可能。

今日は、実家から松本への帰りがてら軽井沢に行って来ました。
本来は行く予定ではなかったのですが。

18時ころに松本到着予定が、
22時になってしまいました笑

以下、いきさつです。

新潟駅からバスで長野駅へ。到着。
松本までの切符を買い、
改札をくぐりホームに向かいました。ここまでは順調だった。

その時、「軽井沢」という文字が視界に入りました。電光掲示板に表示された文字でした。

軽井沢!?

あの、避暑地で有名な?空気が綺麗で結核が治るという噂の?あの軽井沢?

私は衝動的に軽井沢に行きたくなり、
5分ほど葛藤しました。

このまま帰れば、
直ぐに仕事に取り掛かることができる。
しかし、直感的にはGoサインが出ている。

いやしかし…こんな安易にふらついていいのだろうか?わたしは考えました。
一度、松本行きの車両に乗りました。しかし!

「働く場所に縛られないライフスタイルを目指しているのなら、行けば?」

と心の声が聞こえました。
電車に乗りながら仕事すればいい!と、軽井沢に向かいました。

長野駅から軽井沢までは、約90分。
アレコレ考えましたがオフラインでは仕事が出来なかったので、読書をしておりました。

オフラインでも仕事可能な状態に持っていくことが鍵だと悟りました。

ライター(駆け出し)という仕事柄、情報収集は必須です。
オンラインで情報を集め、解釈し、記事にまとめる。

ここでオンラインでしか出来ないのは情報を集めること。

つまりそれ以外はオフラインでも可能。
だからオンラインの間は情報収集に注力し、そうじゃない場では解釈・執筆に注力。

これで、大分仕事が捗るはず。
執筆中に即座に情報を集められないのは難点ですが、通信費を考慮するといた仕方なし。

全国フリーWi-Fiまとめ
なんてものがあればいいのに。

Wi-Fi車両
Wi-Fi喫茶
Wi-Fi公園

などなど。

フリーWi-Fiがもっと普及すれば、
全国津々浦々、
ノマドがフレキシブルに動いて、

面白い国になると思うんだよなぁ。

オンライン上に独立国家。
現実では、ノマド拠点が全国に点在。

ああ、これリバ邸とかギークハウスが
それに近いのか。うむうむ。

そうそう、軽井沢には40分くらいしか滞在しませんでした。
でもね、気持ちよかった。あれで仕事が捗っていれば完璧だった。

好奇心に従いながら仕事するのは可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

編集者。メディアづくり・チームづくり・コーチング(編集の)が得意。生きづらさを市場化すべく試行錯誤中。薬を飲むの苦手、手数の多い単純作業苦手、声の大きい人苦手、飲み会苦手。根性叩き直し中。目標はリオネル・滅私。