Home / 考えたこと / 仕事ではなく、暮らしを軸に考えよう。

仕事ではなく、暮らしを軸に考えよう。

Pocket
LINEで送る

仕事ベースで考えてもなんにも思いつきませんな。
こんな仕事がしたい、とかないし。

どう暮らすか。

を、軸に、ね。

まず、働かないとご飯食べれないので働いてます。

で、理想の暮らしはというと、やはり半農半X。
そして場所を選ばず仕事ができること。決まった時間に決まった場所に毎日行くのほんっと苦手。
収入は月10万くらいでも暮らせるのが理想。
奨学金と年金となんやかやで4万5千円の固定費があるからな。
月10万だと賃貸するのもきついかも。いやしかし、抑えに抑えて。

現在いちばんの問題が、何を収入源にするか。

案としては
書くことをお金に換える。
Webデザイン、コーディネート的なデザインで仕事を受注する。
コーディネートは、
森林の活用によって地域を盛り上げたり
プロデュースしたりするのに関心があります。

だから、
書くこと
デザイン
コーディネート・プロデュースを積み重ねた上でのコンサル

コンサルよりもカウンセリング寄りの方が得意だな。

の仕事で収入を確保していきたい。

いまはコツコツ出来ること増やすしかないな!

新卒でもないから初心者がweb制作会社でやらせてもらえるわけないし。
というか新卒でもむりか。ある程度はできてないと。

コンサルも、ズバズバとロジックまわすアタマ出来てないしな。
ビジネスモデルうううううううううなアタマも出来てないし。

全部を内包した修業できないもんかね。
なんかないかなー。なんかないか。なんかないかなんかないか。

独学でデザインやりながら地域おこし協力隊ってのが現実味があるやつ。

いったん就職したほうがいいのかなー。

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

果たして君は、いじめられる側を選択できるだろうか?

いじめることは悪いこと、 &n …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA