Home / 放浪紀 / 行きつけのジャム屋さんの隣にある、餅屋さんのお団子を食べてた時に浮かんだ映像の話し。

行きつけのジャム屋さんの隣にある、餅屋さんのお団子を食べてた時に浮かんだ映像の話し。

Pocket
LINEで送る

今日は午後一で1本執筆を終え、
出かけてきた。仕事まで40分しか
なかったので、チャリンコを鬼漕ぎ
、女鳥羽川沿いにある行きつけの

ジャム専門店(コーヒーも飲める)へ
向かった。息を切らしながら暖簾を
くぐると、3席しかないカウンターが
満席であった。なんと残念なことか。
また来ますッ!(敬礼)」と言って

とぼとぼとジャム屋さんを後にする。
ジャム屋さんの隣にはお団子屋さんが
ある。60〜70代くらいのおばあちゃん
がカウンターの向こうでニコニコして
立っていた。ぼくは豆もち2つとおは
ぎとお団子(特製みたらし)を注文
した。4つで380円なのだ。実に安い。

そして美味しい。お団子は即座に食べ
たかったので、「つつみは要りません」
といって手渡しでもらった。
そして川を眺めながらお団子を食べた。

IMG_1268

お団子のみたらしは、ギリギリ個体を
保っているゼリーのような食感で、
甘さは控えめだった。控えめの程度は
というと、そうだな。学校のクラスに
1人はいる、読書好きの女の子

話しかけると受け答えはしてくれるが、
向こうからこちらに話しかけることは
ない。と言った具合か。こちらから
働きかける分には答えてくれるが、
向こうからわざわざ主張してくる
ことは無いといった具合の甘さ。

今日食べたお団子の、みたらしの甘さ。
今日見た映像はそんな映像だった。

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

大学を出て、就職できずに放浪生活をした3年間を振り返ってみた。

みなさんこんにちは。えーたです …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA