Home / 放浪紀 / ぼくの日常は誰かの非日常で、もしかしたら輝いているのかもしれない(ただの日記を書いてみた)。

ぼくの日常は誰かの非日常で、もしかしたら輝いているのかもしれない(ただの日記を書いてみた)。

Pocket
LINEで送る

どーも、えーたです。

本日は、ただの日記を書いてみようかと思います。もしかしたら、ぼくの日常は誰かの非日常かもしれないし、ぼくの当たり前は誰かの刺激的かもしれない。

 

 

12時に起床しました。昨夜は4時まで起きておりました。完全に夜型の生活をしております。8時間寝て、起きている時間はほぼ執筆。10時間くらいやってんのかな。ええ、仕事が遅いから、そうなってしまうんです。休みはありません。

 

投げ出したくなったりもしますが、最近はうまいこと向き合ってやっています。10分の休憩後、PCに向かうまでの数秒に、最もエネルギーを使います。

今日は修正依頼のあった記事を2本書き、その後は母を仕事場へ迎えにいきました。母は看護師をしており、昨晩は緊急呼び出しがかかりぼくが医院まで送ったのでした。赤ちゃんが産まれるから、人手がいるとのことで。

 

ぶじに産まれたそうで、生命誕生に貢献できてなによりです。

 

なぜぼくが送ったのかというと、母はすでにビールを飲んでいたからです。父は「よろしく!」と言って寝てしまいました。まだ21時だったのに。おれ仕事あったのに。

なんて話しを車中で母としながら帰路につき、30分ほどで帰宅。途中でコンビニに寄り、母はビールを買いました。キリンラガーの500mlを3本。コンビニへ入るとかごを持ち、真っすぐにお酒コーナーへ。何の恥じらいも無く、がしゃんがしゃんとビールをかごへと入れていく。一晩で1.5ℓ、全盛期は3ℓくらい飲んでいましたね。

 

 

その後は、近所に最近オープンしたパン屋さんに寄りました。クルミとチョコチップのパン、カレーパン、オリーブの実(アンチョビ?)などなどを購入。

 

帰宅後はご飯を食べ、他愛も無い話しをし、執筆お風呂執筆終了←イマココ!
ご飯は、玄米、みそ汁、キムチ鍋的な煮物、レタスと生ハム、でした。

 

ぼくの日常はこんな感じ。やや、イレギュラーがありましたが、母の送迎などを除けばこんな感じ。

 

 

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

「旅、ときどき仕事」という企画。

新潟ではまだ寒さの残る3月21 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA