Home / 未分類 / 【袋とじを開けた的なアレ】片付けをしていたら自分の夢が書かれている冊子を発見したので読んでみた。

【袋とじを開けた的なアレ】片付けをしていたら自分の夢が書かれている冊子を発見したので読んでみた。

Pocket
LINEで送る

どーも、えーたです。

先日、部屋の片付けをしていたところこんなものが見つかりました。

IMG_0102

夢ブックというやつですね。自分の夢が書いてあるというもの。とあるイベントでもらったものですねー。1年後、5年後、10年後にどうなっているのかを書き出してありました。

IMG_0103

IMG_0104

内容がけっこう面白かったのでまとめてみました。

1年後

どんな自分になっていたいですか?

たくみ塾生2年目。自分で椅子をつくれるようになっていたい。ブログの運営ができる。新潟のお酒なんでもこい(質問に答えられる)、手品が少しできる(玉のやつ)

手品(玉のやつ)ってなんなんやろ笑

何をしていたいですか?

英語の勉強とブログ運営をしていたい。
職人として生活するのは当たり前。

特に英会話に力を入れていたい。英会話に特化するには?友達つくる?映画をみる?

その時の場所、一緒にいる人、情景や状態を具体的に描いてみよう

場所:たくみ塾
一緒にいる人:フリーでビジネスしてる人(IT系)、木工作家、林業家、農家、職人仲間、シェアハウスやゲストハウスの運営者

現在との比較

残念ながらたくみ塾にはいません。
が、あながち外れてはいないことに驚き。ブログの運営はしているし、英語への熱も絶賛継続中。日本酒についても詳しくなったし。手品(玉のやつ)はやっていないが笑

一緒にいる人に関しては拠点を変えまくっているのでアレですが、いちおう全員に遭遇はしているのかな?

仲間だぜ!みたいな人はまだいないけど。

5年後

どんな自分になっていたいですか?

アイルランド勤務3年目。奨学金の返済が終了している。家具職人になっている。自分で稼いだお金で暮らしている。英語ぺらぺら。ブログ、ECサイト運営、不労所得30万/月、いろいろつくれる人になる(木工、裁縫などなど)。

何をしていたいですか?

仕事しごとシゴトー!
休みの日は美術館巡り。
ひたすらなにかをつくっていたい。

その時の場所、一緒にいる人、情景や状態を具体的に描いてみよう

場所:アイルランド

デザイナーと一緒にいる。家具、建築、ファッション、街づくり。家具作りから町づくりまで、デザイン会議をしたり。

音楽好き、演奏者と友達!夜はパブでセッション。修繕の仕事もたまにやる。

現在との比較

現在から4年後ですね。
奨学金はたんまり残っています。さっさと返済してしまいたい。まぁでも無利子だから問題ないっちゃ問題ない。

家具職人、んん〜目指すものが変わったよ、1年前のおれよ。ブログの運営は既にしている。
ECサイトの運営は難聴ピアスなどなどの販売用かな。

不労所得はね、現在1000円/月くらいかな。30万はけっこう難しいね。あと4年かぁ。

簡単な木工作業と裁縫はできるかな。染めものにもチャレンジしたので、このまま色々つくれる人間になっていきたいですね。

5年後ともなると、不労所得30万/月とか大胆なこと書くんですねぇ。いやぁ面白い。

10年後

どんな自分になっていたいですか?

結婚をしてる。自活がいろいろできる。家の修理、食べもの調達、発電などなど。

木工作家になっていたい。考え方の違う人を理解できるようになっていたい。自分を愛せるようになっていたい。

何をしていたいですか?

木工作品づくり。山の再生に関わっていたい。間伐材で作品づくり。

職人村づくりスタート!!!
家をつくるひと、道具をつくるひと、食べものつくる人、ITシステムつくる人。

その時の場所、一緒にいる人、情景や状態を具体的に描いてみよう

場所か−、日本かな。自然豊か、水もある。三条・燕かなぁ。あそこは既に職人村?

10年後に居る場所は、想像できない模様。

現在との比較

10年後という長いスパンで見ると、大きな方向性は変わっていないことが判明。最終的にはやはり半農半Xな暮らしへと向かっていくのだな。

家の修理、食べもの調達、発電と書いてあるあたり、お金に振り回されない暮らしを目指していることは変わらない。

考え方の違う人の理解と、自分を愛すること、これは、10年と待たずにできるようになるんじゃないかなぁ。自分の財産にも気づいたし。

アドラー心理学の「目的論」がかなりのヒントになった。

山の再生や木工作品づくりとは違う方向に進んでいるな。ライターやってるし。でもなんだか、いずれまた関わる気がするのはなんでだろう。

森づくりに関して、現場側、加工する側、消費者側、3つの視点を持っているライターってのはなかなか居ないんじゃないかな。その領域でもなんか活躍できそう。

まとめ

おいおい結婚だなんて、彼女も居ないよ(募集中)。

さて、小さく見ると変わっている部分はあれど大きな方向性は変わっていないことが判明しました。

木工はやめたけど、違う切り口で農的暮らしを目指しているってところは同じでした。

高知県に行くあたり、10年後の未来にぶっ飛んでいってるような気もします。早。職人村をつくるっていう発想も、ちゃあんと前からあったんだな。エコビレッジ的なやつだ。

ぶはっ、ボリューミーなブログは普段書いてないからくたびれるなぁ。

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

自分に向いている仕事がわからないのでリクルートのR−CAP for Businessでキャリア診断をしてみた。その5

続いてはよっつめ、 Carre …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA