文章を読むコツは「読む前」にあるって知ってた?【すぐできる】

文章を読むのが遅くて仕事が捗らない…という悩み、
一部の優秀な人を除き、社会人になりたての人は誰しも経験するでしょう。

できることなサクッと読んで要点を掴んで、テキパキと仕事をしたいものです。

この記事では編集者として日々文章に触れている経験をもとに、文章を読むコツを紹介します。

文章を読むコツは会話と同じ

文章を読もうすると、途端に「一字一句を見逃さずに読まなければ」と気張る人がいます。
慣れてない頃のぼくはそうでした
(読書をする場合は、この本を読み終えるまで他の本は読んではいけないという謎のルールも)。

でもそんなことをする必要はありません。
だって会話をするとき、全てを逃さず聞いている人なんていませんよね。

会話をするときは、7〜8割(ときには半分くらい)くらいのゆるい感覚で聞いてコミュニケーションをとっていませんか。

文章を読むのもそれと一緒で、対話するように読めばおっけーです。

文章を読む前が大切

要点を抑えながら文章を読むには、読む前の準備が大切です。
準備といっても、そんな大掛かりなものではありません。

読書でいえば、3〜5分ていど目次を眺めてほんの中身を想像するとか、そのくらいです(でも多くの人は目次を読まずにいきなり読み始めていると思います)

読書以外でも、資料に目を通したりインターネット検索をしたりする際は、資料作成・報告書作成等のアウトプットをするために文章を読むはずです。

要点を抜き出すためには、そのためのカマエを作る必要があります。
ぼくがよく使う方法は次の2つです。

  • 「は」に注目する
  • キーワードを決める

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

「は」に注目する

私は、ぼくは、の「は」です。
文は「は」で区切れます。

区切れるというのは、これからこのテーマについてのお話をしますよ〜という前置きがされるようなイメージです。

日常会話でいえば「ねえ、聞いて聞いて」といっている感じ。

「は」は、その文におけるテーマ設定をする役割があります。
そして、聞いて聞いて、といった話題に対する結論部分(いわゆるオチ)は大抵が文末にあるのです。

だから文章の要点を掻い摘みたい場合は「は」に注目して文の話題を把握し、文末を読んでいきましょう。

コツは、文は主語・述語で成り立っているという見方をいったん捨てることです。

たとえば「私は会社員です」という文と「私が会社員です」という文では。主語・述語は全く同じものを用いていますが、文としては別物です(後者はなんだか変な感じさえしますよね)。

「は」と「文末」とブツブツ呟いてから読み始めるといいでしょう。

キーワードを決める

これについて情報を集める、というキーワードを決めます。この記事を読んでいる場合だと、たとえば「文章」とか「読む」とか「精査」とか「読み方」でしょうか。

キーワードを決めると不思議なことに、それに関係しそうな言葉を自然に拾い上げるようになります。

たとえば街を歩いてるとさまざまな広告が目に入り、興味のあるものに目が止まった経験は誰しもあると思います。

広告に起用されている俳優・女優を見て「おっ」と思ったり、散歩していて、「おっこんなところに新しいカレー屋さんができている」とか。

文章を読むときも一緒です。
その「おっ、」という感覚を磨いていくことで、要点を抑える力が磨かれていきます。

意外に思うかもしれませんが、たったコレだけです。

まとめ

読むことへの苦手意識、少しは薄れてきたでしょうか。
ポイントは次の3つです。

  • 読むことは対話すること。読むと聞くを別もの扱いし過ぎない。
  • 「は」に注目する
  • キーワードを決める

訓練次第でどんどん読めるようになります。
電車のなかでニュースの要約をツイッターでつぶやいてみるとか、朝に新聞の社説を要約してノートにしてみるとか、仕事そのものを訓練にするのもいいですね。
取り組みやすい方法で訓練してみてください。

といっても取り組まない人がほとんどです。
ということは取り組んだ分だけ周りと差がつけられるということですね。

やったもん勝ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

編集者。メディアづくり・チームづくり・コーチング(編集の)が得意。生きづらさを市場化すべく試行錯誤中。薬を飲むの苦手、手数の多い単純作業苦手、声の大きい人苦手、飲み会苦手。根性叩き直し中。目標はリオネル・滅私。