Home / 放浪紀 / 松本初心者、カフェを巡る。〜MomoCafe編〜

松本初心者、カフェを巡る。〜MomoCafe編〜

Pocket
LINEで送る

松カフェ、第7弾!今回ご紹介するのはMomoCafe。

コンフィチュールのお店です。

コンフィチュールって?ジャムとは違うの?
という方のために、調べたことを載せておきます。
ぼくも全然知りませんでした(コチラのサイトを参照しました)。

さてコンフィチュールとジャムの違い、始まりは語源から。

ジャムは英語で「ぎっしり詰め込む」という意味。
コンフィチュールは、砂糖や油などに漬けたという意味の「コンフィット」
に関連する言葉。砂糖や油につけるのは保存が目的です。

ジャムの場合は目的ありきでなく「ぎっしり詰め込む」という意味があるだけです。目的ありきかそうでないか、これが違いです。

さてスッキリしたところで、MomoCafeに突入です。
MomoCafeは、女鳥羽川という名前の川沿いにあります。

IMG_1166

IMG_1137

サラサラと流れる川を眺め、ふと首を左にひねると、
そこにはMomoCafeがありました。なんて。

軒に書いてある店名が印象的です。コンフィチュールの文字もありました。
さて、店内はこんな具合。カウンター席のみ。とてもこぢんまりとしています。
コンフィチュールの他に、雑貨も置いてありました。
IMG_1133 IMG_1135 IMG_1136

MomoCafeでは、
コンフィチュールをスコーンやワッフルにつけて食べられます。
3〜4種類(日による)の中から一つ選び、それを食べられるという方式。

味を試してから購入できるんですね〜すばらしい。

ぼくはスコーンセット(スコーン2個と紅茶orコーヒーのセット:600円)
を、桃とラズベリーのコンフィチュールでいただきました。
スコーンの奥にちょこんとおいてあるのがコンフィチュールです。

IMG_1167

ここだけの話、この写真を撮るのに3回ほど通いました。
あまりにも美味しそうで、食べ終わるまで写真の撮り忘れに気づかなかったためです。

おかげさまで、3種類のコンフィチュールを味わえました。
・バナナとキャラメルと胡椒

・マーマレードとグレープフルーツ

・桃とラズベリー
個人的にはバナナとキャラメルと胡椒がイチオシです。

コンフィチュール好きな方はもちろん、
そうでない方も一度訪れてみてはいかがでしょう。
ちなみに、スツールを借りて川っぱたで一服も可能です。

IMG_1148

営業時間:9:00〜18:00
定休日:水曜・第3木曜

Pocket
LINEで送る

About エーサ(Eita Sato)

移動型のライター・編集者。3ヶ月〜1年スパンで拠点が変わる。得意ジャンルは旅・ライフスタイル・テクノロジー。インタビューが好き。 趣味は旅・読書・ランニング・喫茶店巡り。旅は、現地に紛れ込んでその土地の空気感を肌で感じ取るスタイル。

Check Also

大学を出て、就職できずに放浪生活をした3年間を振り返ってみた。

みなさんこんにちは。えーたです …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA