Home / 考えたこと / 当たり前のことしか言わない人の当たり前のことしか言わない3つの理由。

当たり前のことしか言わない人の当たり前のことしか言わない3つの理由。

Pocket
LINEで送る

拠点を決めないライフスタイルを目指しています、
いまはライターのお仕事をいただいて奮闘中です。と言うと

「そのための準備はしてるの?準備は大事。」
「先人たちがどうやったか調べてる?君だけがやってるわけじゃないからね。」
「ライターは何を書くかが大事だよ。
うまい人の真似をするのもいいけど、それだけだとつまらないからね。」

と、当たり前の文句を並べて満足そうな顔をする人がたまにいます。

不思議で仕方ありません。

ぼくだったら、
どうやって情報収集してるのかとか
ライターの仕事をどうやって見つけたとか
けっこういろいろ聞き出したくなります。

なぜ、当たり前のことを言うだけで満足するのか、考えてみました。

 

適切なアドバイスをしているように感じる。

当たり前のことは、当たり前ですから異論を唱える人はまずいません。

例えば、「雨が降ったら傘をさすべき。」

これにわざわざ「いやヨーロッパではそんなことはない。」なんて言う人はいないでしょう。
反論されることなく「そうですね。」となります。
ゆえに、「わたしは正しい答えをアドバイスできている。」と感じるのでしょう。

 

 

貢献している感を得たい。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えによると、
人は他者に貢献している時に最も幸福を感じます。

当たり前のことを言えば否定されないし、
アドバイスという行為は迷っている人を「導く」行為ですから、
貢献している感覚は得られるでしょう。

 

 

自尊心の回復

貢献している感覚が得られれば幸福を感じます。
また、自分は役に立っているんだ。必要とされているんだという感覚が得られます。
こうして「自分は優れている」と感じて自尊心が回復されます。

 

結局のところ、自尊心の回復が目的なのですね。
当の本人はそんなこと考えてないでしょうけど。

ぼくはアドバイスが欲しい時は素直に聞きます。
当たり前のことをベラベラ喋られても苦しいです。

ですが、話している本人は気持ち良さそうなので
よっぽど長くなければ聞くことにしています。
話を聞くだけで人の気持ちがスッキリするのならば、
ちょっとくらい耳を傾けるのもいいんじゃないでしょうか。

Pocket
LINEで送る

About miyadeek

Check Also

唯一のわたしなど居ない、という話。

こんにちは。編集の道を歩むエー …

3 comments

  1. お久しぶりです、以前、高山の木工で少し繋がった人間です。

    貴殿のブログの記事を、当初は流し読み程度で読ませてもらっていましたが、(失礼すません)
    面白いです、共感できる部分も多く、
    勝手ながら、私のブログにリンク貼ってもよろしいでしょうか?

    尚、一方的に載せたいだけなんです。
    それ以外の理由は一切ありません、
    面白いから、いろんな人に読んでもらえたらいいかも、と思いました。

    変な気遣いとか、して欲しくないですし、
    ただ単に、リンク貼らせていただければ、と。
    「面倒だなぁ」と思うかもしれませんが、そこをなんとかw。
    ただ、貴殿のブログ紹介記事だけは、一発書かせて頂きたく存じます。

    可能でありましたら、送信頂けると幸いです。
    それでは、ご検討宜しくお願いいたします。

    失礼しました。

    • ぬお!堂谷さんお久しぶりですお元気ですか!?
      その節は大変お世話になりました。
      背中をぽんと叩かれたのをふと思い出しました。

      コメントありがとうございます。
      リンクぜひお願いします!

      面白いと言っていただいて嬉しいです。書いててよかった。
      紹介記事もよろしくお願いいたします!

  2. ご検討、ありがとうございます!

    上手く紹介はできないけど、不器用ながら、
    今後の君の活動を応援させていただきたく。

    失礼しました 、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA