【個人的には大発明】難聴アクセサリーを開発したい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、えーたです。

ぼくは軽度の感音性難聴を抱えています。
要するに耳が悪いのです。

感音性難聴とは

感音性難聴を簡単に説明すると、
音の輪郭がぼやける現象です。

視力が悪いのと似ています。音を聞いたとき、
モザイクがかかったような聞こえ方をするのです。

コチラのサイトの中腹当たり、とてもわかりやすいアニメーションがありました。

厄介な点

感音性難聴はやっかいなことに、
どういったものなのかが
健常者には非常に伝わりづらいです。

単純に聞こえが悪いのではなく、音を言語に変換する機能が弱いのです。
だから声を大きくすれば良いわけでもないという。
個人的には、ゆっくりはっきり発音してもらうと非常に助かります。

音の初速が速いと、聞き取り易いですね。
わかりにくいと思うので簡単に説明を。

【初速が遅い「あ」の発音を認識できるまで】
.。・ぁああ!←ココで認識。
【初速が速い「あ」の発音を認識できるまで】
あ!←認識。

伝わりますかね?この表現w

ぼくは、話すときの間が
独特と言われることが多いのですが、
もしかしたらこの速度差が
原因かもしれません。

 

難聴アクセサリーとは

わたし難聴ですよ!というのを示す、ピアスやネックレスなどのアクセサリーのことです。

ちょこっと調べてみたら
耳マークというものがあることがわかりました。内閣府のページにも。

また耳マークグッズなるものもあるようです。
バッチやキーホルダーがあるようですが、もうちょっとおしゃれに身につけたいと感じます。

で、先日友達が三半規管ピアスというものをつけておりまして。
まぁ〜おしゃれだったんですよ。

すげー見て欲しいんですが、ネット上には画像がなかったです残念。

耳マークのようなものを、もっとカジュアルな部分に落とし込む。
そうすれば耳の事情を手軽に伝えられるようになりますね。

ぼく初対面の人に「難聴です」というのが億劫なんですよ。
どんな風に聞こえるのか全然伝わらないし、なんか恐縮と言うか。
なんかいも聞き返しますよ!と言っている気がして。

聴覚障害者の、世界の見え方が、
もっと世の中に伝われば良いのに。

あっもしかして、
こーいう問題意識から、
起業とかしたりするんですかね。

難聴アクセサリーはまじで開発したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA